IT業界を目指す未経験者の皆さんへ!勝手に応援します。【システム開発手法編】

IT業界を目指す未経験者の皆さん!!

どうもこんにちは。

ここでは、これからIT業界に挑戦する若者、

または、これから転職して、ITスキルを身に着けようと思っている人向けに、

「自分の歩」道の一つの参考になればと思っています。

システム開発手法の主な種類

・ウォーターフォールモデル
・プロトタイピング
・スパイラルモデル
・アジャイルソフトウェア開発

システム開発を行うにあったて、いくつかの行程があります。

行程のことを「フェーズ」って言ったりもします。

システム開発行程の種類

要件定義:どの様なシステムが欲しいかユーザ(お客様)からの要求を聴く工程。

基本設計:要求で出てきた内容をもとに開発の計画を明確にする工程。

外部設計:ユーザ目線からみたシステムの仕様を設計する工程。
      操作の画面や人のインターフェース設計を行うなどがこの工程です。

内部設計:システムの機能面からみたシステム内部の設計を行う工程。

プログラミング設計:プログラミングを行う前に、プログラムの構造を設計する工程で、
           機能ごとのプラグラムをモジュールに分ける工程。

プログラミング:機能ごとにコーディングしたりする工程。

テスト/検証:リリース前に出来上がったシステムにバグがあるか、
       「正常」か「非正常」を確認する工程。

リリース:ユーザに納品の工程

運用/保守:リリース後のシステムを運用したり、保守を行う工程で、
       必要に応じて機能追加や改善などの行う工程。

ウォーターフォールモデルとは?

各工程に上から順に滝(ウォーターフォール)のように下に流れて作業を進めていく開発手法を

「ウォーターフォールモデル」って言います。

【要件定義】

【基本設計】

【内部設計】

【プログラミング設計】

【プログラミング】

【テスト/検証】

【リリース】

基本的には、終わった工程には後戻りしないやり方です。

一度スタートすると、ユーザの要求を受け入れにくい手法としてデメリットもありますが、

最も古くからある開発手法です。

以前は大規模なシステムの開発の手法として多くのプロジェクトでもこの手法で

システム開発を行っていましたが、今ではこの手法でなくても大規模プロジェクトは行っています。

プロトタイピングとは?

システム開発を行う初期の段階で、試作品(プロトタイプ)を作って、

ユーザ(お客/発注者)の意見を取り入れて開発を進めていく手法です。

【プロトタイプ作成】⇔(改善)⇔【プロトタイプ検証】⇒【仕様確定】⇒【完成品】

スパイラルモデルとは?

システムの完成に近づけていくために、試作品や機能限定版の開発から行い、

繰り返し改善を行ったり、機能追加などを繰り返して行ってリリースさせていく手法です。

システム全体を複数のサブシステムに分割し、

【設計】⇔【プログラミング】⇔【テスト】を繰り返します。

完成した、サブシステムをそのままプロトタイプとして、お客様に示したり、要件が変わったりしたら、

また、もう一度開発を行うなど、ユーザの要求の受け入れやすいメリットもあると言われいます。

アジャイルソフトウェア開発とは?

「すばやい」、「俊敏な」って意味のアジャイルは、短い期間で、

【要件定義】や【設計】、【プログラミング】、【テスト】といった各工程の

一連の手順を反復して行い、リスクを最小化しようとする開発手法の一つで、

要求の仕様の変化などにも対応するソフトウェア開発手法。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆さんの活躍を応援しています。

皆さん頑張って!!

◆記事作成者プロフィール◆

管理者は元IT業界に10年以上いた人間で、人に多く接してきた社会人でした。もっと詳しく知りたい方は、

「HCATOMの管理者について」 をご覧ください。

シェアする